MENU

脂肪肝を治すための食事の基本

脂肪肝を治すための食事の基本

 

「脂肪肝を治したいけどどうしたら?」と思う方は少なくありません。

 

脂肪肝を治すための食事の基本は肝臓にいい成分を摂りつつ、肝臓に良くない食材や調理方法を減らすことにあります。

 

もっと具体的に言えば、脂肪肝を治すための食事の基本は『高タンパク、低糖質、中脂質』です。また、一日三回よく噛んで食べ、食事量は減らさないことです。

 

では、具体的にどういったものなのかをお伝えしたいと思います。

 

肉類は肝臓に悪い脂身を避ける

肝臓は脂質の多いものを処理することに負担をかけます。肉ならばバラ肉やひき肉には多くの油がありますし、ステーキでもサーロインやリブロースなどは多くの脂身があります。肉を摂るのは重要ですが、脂肪部の少ない赤み肉や鳥胸肉やささみなどを使いましょう。

 

乳製品の中でも気を付けるもの

乳製品は肝臓にいいものが多いのですが、バターやクリーム、高脂肪の牛乳などは避けたほうが良いものです。チーズは中性脂肪を下げますし、低脂肪の牛乳は肝臓の働きの低下を予防する効果があります。とにかく表示を見て脂肪分が多そうなものは避けるのが基本です。

 

糖質の摂りすぎを避ける

糖質の摂りすぎはそのまま脂肪へと変わります。厚生労働省が推奨する一日あたりの糖質量はカロリー割合で5割~6割ほど。積極的に脂肪肝を減らすのであれば、3割~5割程度を目指すといいかと思います。ちなみにWHO(世界保健機関)が定めた基準はなんと一日の総カロリーの5%。ここまで極端でなくてもいいのですが、糖質中心の生活は体によくないということは周知の事実です

 

また、精製された白い炭水化物(白米、小麦粉製品、白砂糖)は中性脂肪を増やす働きがあるため、可能であれば生成前のものに切り替えたりすることで内臓脂肪になる割合が減らせます。

 

栄養管理はサプリメントを活用

糖質を減らすというのは基本中の基本ですが、足りない栄養素はサプリメントを活用することをおすすめします。脂肪肝は肝臓の機能が弱まっている可能性が高いため、肝臓用のサプリメントが適しています。

 

 

このように脂肪肝を治すための食事というのは考えてみればシンプルです。

 

 

まずは、脂肪になりやすい夜の食事を『高タンパク、低糖質、中脂質』に変えてみるなど、ぜひ、できるところから始め、足りない部分はサプリメントで補充するのがいいかと思います。

 

肝臓にいいサプリメントランキング

 

レバリズムの特徴

しじみと牡蠣、肝臓改善二大食材配合
血液サラサラ効果のあるスクワレン配合
初回5000円OFF

主要配合成分

オルニチン、アルギニン、カリウム、アラニン、グルタミン、メテオニン、タウリン、トリプトファン、リシン、イソロイシン、ロイシン、チロシン、クリシン、マグネシウム、パントテン酸、ヒスチジン、亜鉛、スクワレン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE、他
口コミ

脂肪肝と診断され、何か肝臓のために食事をかえている最中です。レバリズムもその時に買いましたが、気だるかったからだが少し軽くなった気がします。食事療法のおかげなのか、レバリズムのおかげなのかわかりませんが、このリズムを変えたくないのにリピしたいと思っています。 63歳/女性
体脂肪はそうでもないのに体脂肪レベルがヤバくなってきていたので、体の中から変えよう!と思って手を出しました。2か月経ちましたが、内臓脂肪レベルが2下がっているので、脂肪肝もよくなっていると思う(笑)健康診断で肝臓の数値を見るのが楽しみやら怖いやら。 42歳/女性
色々肝臓サプリを試しましたが、一番しっくりきたのと、実際に私には効果があったので個人的には決定版です。サプリメントなんて飲んでみないと分からないというのは嫌と言うほど経験してきてやっとたどり着いたサプリです。どうか製造中止にならないことを切に願っています。 56歳/男性

価格 980円
評価 評価5
備考 初回Web限定割引 5000円
レバリズムの総評

国内産のしじみ、牡蠣、スクワレンを使用したレバリズムです。肝臓に良い影響与える話題のオルニチンや亜鉛、必須アミノ酸と豊富な栄養素が大量に配合されています。牡蠣としじみのエキスを合わせたサプリメントというのは意外に少ない上に、国産の原料を使っているところも少ないためかなり良質なサプリメント。



オルニチンをはじめとする栄養素は肝臓の数値であるγGTP、ALT(GPT)、AST(GOT)を下げる効果が期待できます。


脂肪肝対策はもちろん、二日酔い対策、肝臓対策、腎臓対策などレバリズムだけで多くの健康に良い効果が期待できるのは大きいですね。


しかも、今なら、980円で一か月分が試せるのもポイントが高いです。

 

肝パワーEプラスの特徴

牡蠣、梅、にんにくとビタミンB群配合
モンドセレクション金賞受賞
お試し価格980円


主要配合成分

広島産牡蠣(亜鉛、グリコーゲン、鉄、タウリン)南高梅(クエン酸、リンゴ酸、コハク酸、食物繊維)、ジャンボにんにく(スコルジニン)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE
口コミ

内臓脂肪のレベルがどんどん上がっていってどうしたいいかなぁと思っていろいろ調べていた結果、運動しながらサプリを飲もう!でした。肝臓の数値も悪かったのでこれを選びましたが、よかったと思います。内臓脂肪レベルも少し落ちたし、健康診断で異常値を出す項目もなくなったのでよかった。 49歳/女性
健康診断で脂肪肝になりかけっぽい数値だったため取り入れました。結構高いので外れたらやだなぁと思っていたら、脚のむくみがほとんどなくなったことに驚きました!全く想定していなかった事態に嬉しい悲鳴です!さすがにミニスカートははけないけど、ロングスカートくらいならはいてもいいかもと思えました。ダイエットも頑張ろうかな。 45歳/女性
大酒飲みで一日3合は日本酒を飲み、休みの日は一升飲むほどです。それまでは平気だったのですが、ついに肝臓がよくないと診断を受けてしまいました。思い切って定年を機に禁酒をしようと思って使ってたお金を肝パワーEプラスにつぎ込みました。1年たちましたが、スゴイです。健康そのものですと言われるようになりました!体重も減ってスリムになったと娘にも褒められいいことづくめです! 61歳/男性

価格 980円
評価 評価4.5
備考 5袋お試し価格
肝パワーEプラスの総評

肝臓にいいもので牡蠣は代表的な食材ですが、梅に含まれるクエン酸も肝臓に良い影響を与えます。一般的に肝臓にいいものに抗酸化作用の強いものが含まれますが、にんにくは強い抗酸化作用がある強い食材です。このように肝臓に良いものを集中的に組み合わせ、食材、品質にこだわり製造された肝パワーEプラスは多くのサプリメントと一線を画していると言えます。

その効果は、お試しでぜひ体感してみてはいかがでしょうか?

 

牡蠣のチカラαの特徴

肝臓に良い牡蠣エキスをたっぷり配合!
豊富な必須アミノ酸配合
マカ、高齢人参で毎日の元気に!


主要配合成分

牡蠣エキス(アミノ酸、亜鉛、グリコーゲン、タウリン、ミネラル、ビタミンB)マカ、高齢人参
口コミ

脂肪肝には牡蠣がいい?と聞いたけど牡蠣はあんまり好きじゃないのでサプリで摂ることに。……う~ん。いいような気がする。正直よくわかんないけど、体調が悪くなったりするわけじゃないからまだ1週間なので保留かな。 43歳/女性
健康のために飲み始めました。三か月くらいたったけど、なんとなく体が軽く感じます。特に頑張った運動はしてないのに、体脂肪率も下がったし、そういうことですよね?肝臓が悪いと太りやすいっていうけど、やっぱり牡蠣はすごいみたいです。 54歳/女性
毎日お酒を飲んでいたせいか、肝臓の数値がどんどん悪くなって、ついに医者から禁酒のすすめが。厳密には節酒かな。肝臓が悪いなら牡蠣がいいよと嫁がいうので、サプリで摂ることにしました。これを選んだのはマカと高麗人参も入っていたから。男として枯れていたからちょうどいいかって(笑)1年飲んで医者から節酒解禁をいただきました!夜のほうの元気はノーコメントで(笑) 42歳/男性

価格 980円
評価 評価4
備考 毎月二袋ならば初回限定で1960円
牡蠣のチカラαの総評

牡蠣には豊富なアミノ酸と日本人に足りない、かつ肝臓に良い影響を与える亜鉛、タウリンがたっぷりと含まれています。

弱った肝機能を修復させるためにはこの三つの栄養源は必須です。

しかし、牡蠣を毎日摂るのは精神的にも経済的にも実状的にも困難。値段もかなりお買い得なため、牡蠣を主軸に脂肪肝を改善したい!と考える方にはおすすめのサプリメントです。

関連ページ

脂肪肝とは
脂肪肝とはどういったものでしょうか。
脂肪肝に良い飲み物・お茶
脂肪肝に良い飲み物・お茶をご紹介します。
脂肪肝に良い漢方
脂肪肝に良い漢方についてです。
脂肪肝の治し方
脂肪肝の治し方についてです。